効果的な背中ニキビの治し方はありますか?

アレルギー

 

食の欧米化が問題となっていますが、
それに合わせ食物アレルギーの子供さんが増えていると聞きます。

 

食物アレルギーを起こす可能性がある食物には、
卵を始め、牛乳、えび、カニ、小麦、そば、
あわび、いか、いくら、さば、鮭、胡桃、
落花生、大豆、豚肉や鶏肉、牛肉などが有名です。

 

アレルギー体質の方は、ニキビができやすく、
しかも治りにくいとのことですが、
なぜ、治りにくいのでしょうか?

 

それには、様々な説があるそうですが、
一般的に言われていることは、
アレルギー体質の方は乾燥肌の方が多いという特徴があり、
その乾燥が原因でニキビができやすくなっているとのことです。

 

肌は乾燥すると、徐々に肌の保護機能が低下します。

 

保護機能が低下すれば、アレルギー体質の方だけでなく、
どんな肌質の方でも、紫外線や外気からの刺激に弱くなります。

 

ですが、アレルギー体質の方は、
肌の再生に必要な栄養素が十分に摂取できないこともあり、
保護機能の回復が遅くなるとのこと!

 

ですので、アレルギー体質の方がニキビを予防するには、
肌を十分に保湿することが大切です。

 

顔は毎日のスキンケアで保湿成分を補うことができますが、
背中は、そうもいきません(><)

 

顔にニキビができやすい体質の方は、
背中にもニキビができやすいことをご存知でしょうか?

 

シャワー後、お風呂上がりには、顔だけでなく、
背中にも保湿成分配合のローションをたっぷりとつけ、
肌を乾燥から守りましょう。

 

乾燥が酷い方は、ローションの後に
乳液やボディクリームを塗るのをお忘れなく。

 

それから、背中につけるローション、
ボディクリームの選び方についてですが、
できれば、肌に負担をかけない
無添加のものを選ぶことをお勧めします。

 


FXを調べる