効果的な背中ニキビの治し方はありますか?

美容外科の治療

 

ニキビは、医学的には「座瘡」と書かれ、
「ざそう」と読まれます。

 

もちろん、皮膚疾患になりますので、
皮膚科などの医療機関で治療を受けることができます。

 

ニキビ治療が受けられる医療機関には、
皮膚科、美容外科がありますが、
皮膚科と美容外科では、
どのような違いがあるのかご存知でしょうか?

 

違いを簡単に説明すれば、
皮膚科は皮膚疾患の症状を改善して、
完治を目指すという目的があります。

 

美容外科は、症状を改善しつつ、
肌を綺麗に元通りにするという
目的を持って治療をするという違いがあります。

 

では、美容外科で治療を受ける
メリット、デメリットについて説明したいと思います。

 

まず、メリットですが、
美容を目的とした治療を受けることができます。

 

そのため、色素沈着やクレーター状のニキビ痕も、
綺麗な肌へと戻すことができます。

 

また、美容外科が開発した
ニキビケア化粧品を購入することができ、
その化粧品を使用したニキビケアについて、
親身に相談に乗ってもらうことができます。

 

反対にデメリットについてですが、
美容目的の治療になりますので、
施術する場合、保険が適応しない治療費があり、
治療費が高額になる可能性が高いことです。

 

施術は、一般的には、殺菌作用のある光治療器での治療になり、
フルーツ酸を使用するケミカルピーリングを始め、
美肌効果が得られるフォトシルクプラス、
皮脂の分泌を抑制するサーマクールなどがあります。

 

これらの施術費は美容外科によって多少の差があります。

 

ケミカルピーリングは15,000円〜、
レーザー治療の場合は25000円〜が
平均的費用となっています。

 


FXを調べる