効果的な背中ニキビの治し方はありますか?

漢方薬を使った治療

 

10代に発症する思春期ニキビも
20歳を過ぎてからできる大人ニキビも、
薬で治療することができることをご存知でしょうか?

 

ニキビ治療に用いられる薬は眠くなる恐れや
胃腸を崩す副作用の心配があるので、
なるべく用いたくない!とお考えの方には、
体に負担をかけない漢方での治療をおすすめします。

 

ちなみに、西洋医学と東洋医学においての
ニキビ治療法の違いについてご存知でしょうか?

 

東洋医学は、体質を改善する
根本的な治療を行うため漢方薬が処方されます。

 

西洋医学では、現状の痛みや腫れの症状を
早期に解決できる治療を行うために、
抗生物質などが配合した外用薬、
内用薬を併用した治療法になります。

 

では、漢方薬を用いた治療法について説明します。

 

まず、漢方薬を使用するメリットに関してですが、
最大のメリットは、体に優しく副作用がないことです。

 

体に優しいということは
裏返せば、それがデメリットとなります(><)

 

日々決められた漢方薬をきちんと飲んでいても、
なかなか効果が得られない、効果を得るまで
時間がかかるなどのデメリットとなるのです。

 

漢方薬には様々なものがあります。

 

生理前の体の変化によるニキビには、
加味逍遙散、桂枝茯苓丸、柴胡桂枝湯がおすすめです。

 

糖質、油分の多い食品を好み、
皮脂の分泌が盛んな方には、龍胆瀉肝湯がおすすめです。

 

乾燥肌によるニキビでお悩みの方には、
当帰芍薬散、十全大補湯、人参養栄湯がおすすめです。

 

最後に、もう一つ漢方薬のメリットと言えることですが、
漢方薬は、他の薬と併用して用いることができるのです!

 

例えば、ニキビだけでなくニキビ痕にも悩んでいる方には、
加味逍遙散と市販のビタミンC配合の
ニキビ治療薬を一緒に飲んでも大丈夫!

 

全く問題ありません。

 


FXを調べる